水のトラブルでもう悩まない!簡単にできる予防方法

小さな水漏れだからこそ早めに解消 小さな水漏れだからこそ早めに解消

シャワーヘッドの水漏れに悩まないための予防法

シャワーヘッドの経年劣化を防ぐため、専門業者が推奨しているメンテナンスを紹介します。日々のお手入れをしっかりして、水のトラブルを防ぎましょう。

業者が教える予防法とは

日頃からお手入れをするのが効果的ですよ。

どんな水のトラブルでも同じですが、日頃のお手入れは重要です。シャワーヘッドやバルブなど取り外せる部分は定期的に分解して、中の様子を見ておきます。劣化や汚れが見られたら、気付いた時点で対処しましょう。汚れが詰まって水漏れするケースもあるため、こまめなお手入れを意識します。水垢汚れにはクエン酸がよくきくため、水に溶かしてスプレー容器に入れたものを活用しましょう。残留水が残っていたり、ポタポタ水漏れしているのを放置したりするのも、ダメージの引き金となります。シャワーを浴びたらしっかり栓を閉めて、水漏れを防止する習慣が重要でしょう。

残留水を抜いたり、止水栓を閉めたりするのが効果的です。

常に水がたまった状態だと負担がかかるため、残留水を抜いておきます。シャワーを使うとき以外は必ず止水栓を閉めて、内部を乾燥させるのも効果的です。日頃からメンテナンスしているとトラブルが起こったときにすぐに対処できるので、被害の拡大を防止できます。水のトラブルが頻繁に起こるとその都度修理などの費用がかかるため、日常的なお手入れが重要でしょう。また、シャワーヘッドやホースにも寿命があるため、トラブルが起こったら交換のタイミングとも考えられます。

水漏れが起きた時は冷静な対処が大切

シャワーヘッドの水漏れだけなら自分で対処できるケースも多々ありますが、状況によっては業者に依頼してください。無理して自分で直そうとあれこれ触ると、水のトラブルが広がるリスクがあります。シャワーヘッドだけの問題か本体も壊れているかわからない場合も同様です。また、賃貸物件の場合はシャワーヘッドの交換や修理に大家さんの許可が必要な場合もあるので、不動産会社などに確認しましょう。経年劣化と判断されると、自己負担なく修理できるケースもあります。

TOPボタン