自分でもできる?シャワーヘッドの交換で水のトラブル改善

小さな水漏れだからこそ早めに解消 小さな水漏れだからこそ早めに解消

シャワーヘッドを交換する手順

水のトラブルを自分で解決できれば、費用を抑えることができるでしょう。そのため、シャワーヘッドを自分で交換したい方のために、基本的な手順を紹介します。

失敗しないための知っておきたい正しい作業の流れ

古いシャワーヘッドを取り外す

古いシャワーヘッドを取り外すときには、ホースとのつなぎ目部分を手で持って、半時計周りにまわします。特別な工具無しに少し力を加えるだけでとれるタイプがほとんどですが、劣化がひどいとまわらないこともあるでしょう。パッキンやOリングなどゴム部品がくっついてしまった場合は、ハンマーなどで叩き割る必要が出てくるため、慎重に判断しましょう。

アダプターを交換

シャワーヘッドに応じたアダプターを用意して、ホースへの取り付け作業を進めます。アダプターが数種類ついている商品なら、サイズに合ったものを使ってください。ホースの大きさとアダプターのサイズが合わないと、水のトラブル原因になります。つけたときにフィットしない感じがあったら他のアダプターを試しつつ、しっくりくるサイズを見極めましょう。

新しいシャワーヘッドを取り付ける

アダプターの先端に買ってきたシャワーヘッドを取り付けて、交換作業は完了です。シャワーを実際に出してみて、つなぎ目から水漏れしないか確かめましょう。アダプターにつけるときは真っ直ぐ垂直にはめ込むのがポイントで、斜めに入れると隙間ができます。付け方が悪いだけでも水のトラブルにつながるため、正しく取り付けしてください。

サイズ選びに要注意

シャワーヘッドは商品ごとに型番やサイズが異なるため、間違ったものは使えません。どのサイズのシャワーヘッドを買うか迷ったら、外した現物をお店に持参しましょう。現物を持参するのが面倒に感じる場合は、型番が分かる部分を写真撮影し、ホームセンターなどで相談するといいです。品番シールが剥がれてしまって自分では対処に困る場合には、全体の写真を撮っておきます。シャワーヘッドや本体などから似た商品を探してもらって、合うものをつけて選びましょう。

TOPボタン