シャワーヘッドに関する水のトラブル~原因と対策を知る~

小さな水漏れだからこそ早めに解消 小さな水漏れだからこそ早めに解消

シャワーヘッドが水漏れを起こしている原因を追求

シャワーヘッドからポタポタ水滴が落ちていると水道代が心配になるものです。なぜ水漏れが発生するのでしょうか。考えられる原因を見ていきましょう。

主な3つの原因

水を止めても、シャワーヘッドから水が漏れるのですが、なぜでしょうか?
まず考えられるのは、バルブやシャワーヘッドの故障です。バルブとはシャワー内部についている部品のことで、メーカー指定のものに変えると改善されます。また、シャワーヘッドがひび割れしていると割れた部分から水漏れが気になるため、新しいものに取り替えましょう。もし、新しいシャワーなのに水漏れする場合は、シャワーヘッドに残った残留水を疑います。シャワーヘッドを上向きに置けば水が止まる状態なら問題ないケースが多いので、しばらく様子を見てください。

まずは焦らずに確認

作業員

残留水が原因の水漏れはしばらくたつと止まるため、あまり心配はありません。このような症状は、どんなタイプのシャワーでも起こります。しかし、数分たっても状態が変わらないようなら、ハンドルがしっかり閉まっているか確認しましょう。もし、解決できないようなら水のトラブル解決業者に相談すると安心です。

残留水が原因ならこれで対処しよう

残留水が原因の水漏れや水のトラブルは、自分でも解決することは可能です。しかし、間違った方法で行なうと直すことはできなくなるので、正しい対処方法を知る必要があります。

自分で簡単にできる対処法

シャワーヘッドを下向きにして置く
シャワーヘッド内部は構造上、どうしても水がたまります。しばらく水抜きして水滴が落ちない状態になれば、水のトラブル解決できるため、そのまま少し放置してみましょう。放置時間を面倒に感じるようならシャワーヘッドを上向きに置くのがおすすめです。残留水をたまりにくい置き方に変えることで、水のトラブルを防ぎます。ヘッド内部の構造によっても水がたまりにくい置き方は変わってくるため、工夫しながら自分なりの対処法を考えてみましょう。
シャワーヘッドを分解する
急いで残留水を抜きたいときには、シャワーヘッドを分解しましょう。ホースとのつなぎ目部分をまわすだけで簡単に外せる仕組みが多く、ドライバー無しで作業できます。ねじがついているタイプなら、必要な工具を用意して進めましょう。パッキンが劣化して外れにくい場合には、シャワーヘッドとホースに残った水を抜き、簡単に掃除をして戻します。カビや水垢で汚れやすい部分でもあるため、定期的にメンテナンスすると安心でしょう。
本体を交換する
残留水を抜いても水のトラブルが解決できない場合、シャワーヘッド本体の劣化を疑いましょう。ホームセンターなどでお好みのシャワーヘッドを買ってきて、サイズが合ったアダプターを選び、ホースの先に取り付けます。海外製はサイズが合わないことも多いので、元々使用していたものと同じメーカーの物を選ぶと安心して交換することができるでしょう。節水機能がついたシャワーヘッド、マッサージ機能がついた高性能タイプなどいろいろな種類が出ているため、ライフスタイルに合わせたDIYを検討できます。
TOPボタン